肥満外来で上手に痩せる方法はプログラム通りにすること

肥満を改善しよう

ダイエットサプリ

食事と運動を組み合わせる

病院やクリニックでは肥満改善治療を目的とした肥満外来やダイエット外来が増えています。病院のダイエット外来では食事療法や運動療法、薬物療法などを患者さんの状態や体質に合わせて選択し、組み合わせて行っていくのが特徴です。食事療法では管理栄養士による栄養指導が行われます。低カロリーで高タンパクな食材の選び方やカロリーを抑えた調理の方法など、痩せやすい食事の摂り方を指導していきます。運動療法はウォーキングなどの有酸素運動や筋力トレーニングなどの無酸素運動を上手く組み合わせて行われています。その他にも漢方薬で体質改善をしてリバウンドしにくい体を作ったり、食欲や脂肪の吸収を抑える内服薬を使用したりするなどの薬物療法を行う場合もあります。体重が100キロを超えて食事療法だけでは痩せにくい方は、食事量を抑える効果のある内視鏡的胃内バルーン留置術という手術を行う場合もあります。美容整形を専門とする美容クリニックでは手軽にできる部分痩せ治療ができるのが特徴です。運動や食事制限をしなくても医療マシンや脂肪溶解注射を使用することで脂肪を減らす痩身治療が行われています。部分痩せの施術では食事制限だけでは落ちにくい二の腕や顔周りの脂肪も落とすことができます。

さまざまな病気の原因となる肥満は日本でも問題になっており、肥満が原因で糖尿病や高血圧などの病気にかかる肥満症は命の危険もある病気なので専門医のもとで治療を行う必要があります。最近では、肥満症を治療する肥満外来やダイエット外来がある病院が注目されています。専門医のもとで減量治療を受けることで、肥満に関連した糖尿病や高血圧などの生活習慣病の改善にもつながります。女性の場合は肥満が月経不順や不妊の原因にもなるため、妊娠を希望する場合、ダイエット外来を訪れる目的のひとつになっています。また、体重が増えすぎると股関節や膝関節に負担がかかり、変形性膝関節症や股関節症などの病気になりやすくなります。ダイエット外来で行われる運動療法を続けることで、膝の痛みを軽減することができ、膝の病気の予防や治療を行うことができます。ダイエット外来では、一定の期間入院して食事療法や運動療法を行う入院治療を行っている病院もあります。自己流のダイエットで体調をくずしたり、リバウンドを繰り返したりする場合は、病院で医師の管理の下で減量治療を行うことで、生活習慣を改めることができ、健康的に減量を成功させることができます。また、バランスの良い食事や適切な運動を行うことで、生活習慣病予防にもつながり、がんや心筋梗塞など重篤な病気を予防することもできます。

Copyright© 2019 肥満外来で上手に痩せる方法はプログラム通りにすること All Rights Reserved.